春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    調味料

 ごぼうはあの独特の香りと歯ざわりが日本人の口に合い、おせち料理や味噌漬け、きんぴらなど色々な料理に親しまれている食べ物です。しかし食用するのは日本人だけで、中国では種子も葉も根も薬用として利用されています。
 いわゆる分析表にたよる現代栄養学的にみれば、ごぼうは栄養価値の少ない食品ですが、薬効では体の老廃物を分解して腎臓機能を高めるので、「毒消し食品」ともいわれ、利尿、むくみ、血液を浄化して全身の動きを正常にする食品でもあります。
 また、含まれているアルギニンという成分は、性ホルモンの分泌に役立ち、スタミナを保ち、整腸力が強いので『腸の清掃食品』とも言われています。このような働きをもつ食品は常備薬として、毎日少しずつでもつとめて食べたい食物です。直径が十円玉ぐらいのものが一番おいしい太さです。















おいしい食べ方

 たたきごぼう : ゆでてたたき、ごま酢醤油。
 きんぴら煮 : 油炒めして醤油味、れんこん、人参なども取り合わせましょう。
 柳川煮・柳川風 : ささがきごぼうと、どじょう。または、肉や魚と合わせて卵とじ料理。
 味噌漬け : 新ごぼうの細いもの、山ごぼうを味噌漬けにする。
 いかだ揚げ : せん切りごぼうにころもをつけ、並べるように揚げる。お弁当のおかずなどに利用。


ごぼうの効用

便秘 : 腸のぜん動を高めます。
 利尿、腎臓機能を正常化、むくみ、解毒、貧血、滋養強精。
 大腸ガンの予防、糖尿、動脈硬化予防、肥満防止。
ごま
れんこん
ごぼう
くるみ
さつまいも
ぎんなん
里いも
にんじん

しいたけ
ひじき
いわし
     
春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    調味料
アットサプリ