春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    調味料

 「海の幸」「山の幸」を食べて命をつないだ原始の昔から、海に囲まれて育った日本民族は、わかめ、ひじき、昆布など、その地方で取れる海草を、色々工夫して常食にしてきました。
 海草はビタミン、ミネラルの宝庫で、その中でも特にカルシウムの多いのはひじきです。

 ひじきは東北から九州までの沿岸各地の岩に生きている海草で、市販されているものは、採ってやわらかくゆで、十分に乾燥させたものです。
 ひじきのカルシウムと燐の対比は食品中大変優秀で強アルカリ、そのほか鉄などのミネラルも含まれていて、血液の酸毒化を防ぎ、体に抵抗力をつけ、高血圧や便秘に効用があります。
 現代の食生活にマッチした海草料理を工夫し、毎日の食卓にとり入れたい食品です。















おいしい食べ方

 コロッケ : ひき肉、玉ねぎの中にひじきのみじん切りも加える。
 白和え : 野菜と共に豆腐であえます。

 卵焼き : 下煮したひじきを加えた卵焼き。
 天ぷら : 小えび、野菜とまぜてかき揚げ。
 ひじきご飯 : 人参、しいたけ、油揚などに混ぜて下煮し、ご飯にまぜる。
 酢のもの : ひじきを下煮して酢のものに。
 煮物 : 油揚や大豆とまぜて煮る。


ひじきの効用

便秘解消 : 腸内老廃物の排泄。
 白髪防止 : 頭髪の色ツヤもよくする。
 高血圧 : 血圧を安定。
 体に抵抗力をつけ風邪の予防。骨や歯を丈夫にするカルシウム源。
ごま
れんこん
ごぼう
くるみ
さつまいも
ぎんなん
里いも
にんじん

しいたけ
ひじき
いわし
     
春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    調味料
通信販売「あらま」