春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    調味料

 切干大根は寒風と冬日が、あの独特の甘さと旨味を作り出します。太陽の恩恵によって干し上がると、カルシウム、鉄、ビタミンB1、B2も多くなり、カルシウムは野菜中何とトップクラス、鉄もほうれん草の三倍近く含まれるようになります。
 体を暖め、貧血、冷え症、カゼの防止、動脈硬化の予防にも役立つ冬の食品として非常に優れた効用を持っています。
 私達の祖先は春の干しわかめ、夏の梅干し、秋から冬の漬物大根干し、切干大根、干し柿など、四季それぞれ、そのとき収穫した品々を保存する為に、自然の恩恵をうまく取り入れながら、実に良く考え出し、それが、その時期の健康を保つよい食品になっています。このような日光を受けた食品は、太陽に当たる事の少なくなった者には、冬の食べ物として大切なものなのです。















おいしい食べ方

 煮物 : 油揚や肉とあわせて醤油煮。
 サラダ : さっと煮て、ハムやきゅうりと合わせドレッシングで。
 そぼろ煮 : 豚ひき肉と煮る。人参も彩りで。
 ケチャップ煮 : 鶏肉、椎茸とあわせてケチャップ味で。

 ハリハリ漬け : 熱湯をかけ、わかめなどとあわせ酢漬。 
 松前清風 : 昆布、にんじんなど合わせて漬ける。


切干大根の効用

神経の疲れを解消、コレステロール値上昇を防ぐ。
 直腸ガン、冷房病、寒さに弱い人、虚弱体質の強化。
大根
白菜
やまいも
そば
小豆
切千大根
きくらげ
きんかん
こんにゃく
昆布
かき
なまこ
     
春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    
クロム