春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    調味料

 「土用蜆しじみは腹グスリ」と昔から言われるように、しじみはお腹の病気、すなわち、胃腸の弱り、肝臓の強化、体内の老廃物の解毒に良いので、病人や胃腸の弱い人、老人に向く良い食品です。
 しじみには赤いビタミンといわれるB12が豊富な為、貧血や造血また、肝臓の働きを良くすることから黄ダンに効果的ともいわれてきました。その他カルシウム、鉄、A、B1など有効成分も含まれ、また微量成分に、造血、成長促進作用もあり、さらにアミノ酸の一種が胆汁酸と結合して解毒作用を強めています。   現代の日本人は多かれ少なかれ、食品公害、大気汚染、タバコ、酒などにより解毒器官である肝臓機能が低下していますので、値段が安く、強肝解毒食品であるしじみをもっと利用して健康を保持したいものです。口のしっかり閉じているものを選びましょう。
















 味噌汁 : 砂をはかせたしじみをたっぷり。粉山椒で風味良く。
 すまし汁 : うどやみつ葉を取り合わせて。
 佃煮 : 自家製は塩分を加減します。
 炒め物 : むきみを野菜と混ぜて炒める。
 味噌和え : むきみを野菜と共にあえる。酢味噌で夏らしく。

 クリームスープ : むきみを使って。

※しじみは、くぎか包丁など鉄ものを入れた水で砂をはかせ、ゴシゴシ洗って貝殻の汚れを落としてから使います。


しじみの効用

貧血症、造血作用、解毒作用、肝臓機能の強化、黄だん、胆のう炎、胆石症、母乳の分泌促進、イライラ、不眠症。
きゅうり
たまねぎ
らっきょう
なす
かぼちゃ
梅干し
じゃがいも
しそ
アロエ
うなぎ
しじみ
えび
     
春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    調味料
免疫本舗