春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    調味料

 梅の実の熟する時の雨・・・梅雨・・・この時期に梅干し、梅肉エキス、梅酒、梅ジュースを一年間の健康を保つ為の食品として、加工保存に努めた日本人の知恵はなんとすばらしい事でしょう。  高温多湿の夏の不調、夏負け、食中毒の下痢、寝冷え、体のだるさ、胃腸のおとろえなど、ほとんどが梅干や梅肉エキスで効を秦します。  元旦の朝「大福茶」を飲む風習がありますが、これは昆布と小梅を入れて、熱い茶をのむ不老長寿を願う飲みものです。そのほか日の丸弁当、白かゆに梅干し、梅びしお、共に日本人のなつかしい味です。朝の茶の一粒や、夏のお弁当の一粒が疲れを取るだけでなく、消化を助け、強アルカリ食として酸毒を中和し、体の老廃物を除去したり、殺菌防疫など、さまざまな働きをしています。果肉に黒点などない、つやのある丸みのものが良好。
















 梅みそ : 梅干しみじんを加えた練り味噌。
 梅サラダ: 梅干しみじん入りマヨネーズ、ドレッシングなどでサラダに。
 ゼリー:うらごしした梅肉入り、甘味、梅酒を入れて冷やしかためます。
 梅ごはん : 梅干し、しそ入りごはん。
 梅肉を芯にして細巻きのり巻き。かつおぶしと混ぜておにぎり。

 梅肉和え : れんこん、ブロッコリー、長いも、いかなどをあえると色も
          綺麗。鳥ささみ、セロリーなども。
 天ぷら : 竹串で穴をあけ塩出ししてから天ぷらに。
 梅おろし : 大根おろしの中に梅肉を。
焼き肉にのせたり、グリーンア
          スパラの揚げ物にのせたりさっぱりと。

梅干の効用

疲労回復、食欲増進、消化を良くする、胃腸病、夏バテ、殺菌、整腸効果、解毒、食中毒予防、でんぷん代謝を正常にし肥満防止。
きゅうり
たまねぎ
らっきょう
なす
かぼちゃ
梅干し
じゃがいも
しそ
アロエ
うなぎ
しじみ
えび
     
春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    調味料
ウコン