春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    調味料

 水銀計がどんどんうなぎのぼりになりはじめると、日本人としてはうなぎでも食べてスタミナを・・・とつい思いたくなります。
 蒲焼の香ばしい匂いが衰えた食欲を呼び覚まし、とろりとした脂肪が夏痩せしたからだを、もりもり盛り返すような気がします。うなぎはすでに万葉の昔、夏痩せによしと詠まれているように、夏の不足しがちな栄養ビタミンAは魚類のトップ(うなぎ一匹と卵八個と同じくらい)そのほかタンパク質、脂肪、B1、B2を含み、夏衰えた体力や精力を増強させるには効果のある食品です。
 これらが不足すると抵抗力が落ち、夏バテになりやすく、夏カゼや冷房の害もひどくなります。
 うなぎこそは激しい夏の食品として、土用の日とかぎらず少しづつ日常食に加えて食べたいものです。 いずれも尾ずれしていないものが良い。
















 蒲焼 : 関西式と関東式がある。
 うまき : 卵焼きの芯にうなぎを入れる。
 柳川風 : ごぼうと合わせた煮物。
 八幡巻き : ごぼうを芯にうなぎで巻く。
 昆布巻き : うなぎを中心とした昆布巻。
 酢のもの : きゅうりと合わせて。しそ、みょうがもそえる。
 木の芽まぶし : 山椒葉のみじんをまぶす。




夏バテ防止、スタミナ強化、眼精疲労、抵抗力を強める、虚弱体質を強める、肌荒れ防止。
きゅうり
たまねぎ
らっきょう
なす
かぼちゃ
梅干し
じゃがいも
しそ
アロエ
うなぎ
しじみ
えび
     
春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    調味料
漢方薬