春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    調味料

 

海の幸を、これほどおいしく豊富に利用している国は日本だけだといわれます。  新わかめとたけのこの煮もの、汁もの、うどと取り合わせた酢のものなど、磯の香りが春野菜とマッチして、さわやかで、みずみずしい季節感を味合わせてくれます。
 数多い海草の中でも、暖流の流れているほとんどの域で収穫されるわかめは、味噌汁や酢のもの、和えもの、ごはんものなど最も利用度が高く、この頃は成人病予防や美容食としても親しまれている海草の一つです。
 カルシウムはひじきについで多く、日本人のカルシウム不足によるイライラ、骨折、精神不安定、怒りっぽい性格など、海藻類を積極的にとって、よい補給源にしましょう。色と香りの良い物を選びましょう。乾燥わかめにはミネラルが増加します。













おいしい食べ方

 天ぷら :水にもどしすぎないようコーンやえびとあわせて、かき揚げなど。
 酢の物 
:うど、たけのこ、きゅうり、たこ、いか、貝類など。
 ごはん : 焼きわかめ、じゃこ入りごまをかけて。ピラフ、炒飯など。
 煮物 :若竹煮、青豆と卵とじに。

 サラダ :春野菜や卵、エビと。春雨、もやし、鳥ささみなどで中華風に。わかめ、桜       えびの味噌ドレッシング(味噌、みりん、酢など)で合えて。

 スープ :卵、魚切り身、えびなどと。
 佃煮風 :塩分に注意し、うす味で。
 


わかめの効用

天然ビタミン、ミネラル剤、肥満防止。
 便秘症解消、血圧降下作用、動脈硬化防止。
 ホルモンの働き活発、美肌、過敏症、血液浄化、酸の中和に役立つアルカリ食品。しかし海草多食の場合はヨード過剰症、胃下垂、胃腸障害、高血圧などを引き起こす場合もあります。
よもぎ
たんぽぽ
くこ
せり
にら
たけのこ
ふき
はと麦
柿の葉
こい
あさり
わかめ
     
春の食品   夏の食品   秋の食品   冬の食品    
キトサン